猫だって人間と同じでストレスを感じ

猫だって人間と同じでストレスを感じますし、蓄積したストレスが元で病気になってしまうことだってあります。

ひたすら毛づくろいを続けている、食べたがる様子がないなどのストレスサインをおかしい、と思うことが大切です。

猫にとってストレスになる原因は、大きなものとして変化した環境にあります。

新しく猫を迎え入れた時や引越し、猫と初対面の人がたくさん出入りする等あった時は、なるべくストレスがかからないようなケアをしなければなりません。

猫のマーキングといえば普通は、自分の縄張りを表す為に行うと言われています。

この時尿スプレーというものが出ているのですが、独特の非常に強い臭いがあり、普通の尿とは全く異なります。

去勢を行っていないオスが特に行っているとのことですが、去勢済みのオスやメスの中にも、個体によって様々です。

室内でのスプレーを防ぐためには去勢をするのが一番ですが、去勢したのにそれでもスプレーしてしまうのには、ストレスが要因となっているかもしれません。

猫が毛づくろいをするのは習慣です。

どうしてもその際に抜けてしまった毛を飲んでしまうのです。

その量も少なくないと体内に毛が蓄積された状態になってしまうので、抜け毛を軽減するために、ブラッシングは必要なのです。

同じ猫でもブラッシングの大好きな猫から嫌いな猫もいますので、反応は様々です。

嫌いな猫に対しても、ゆっくり丁寧に忍耐強く行うことが大事です。

猫のおもちゃといっても、子猫と成猫では好みに違いがあります。

成長段階に合わせたおもちゃが数多く市販されています。

とはいえ、1つのおもちゃだけで遊んでいるとすぐに愛想をつかしていまいます。

飽きる度に新品を買ってこなくとも、使用中のおもちゃをカスタムして見た目などを変えてあげれば、再び遊びに夢中になることも多々あります。

家の猫にとってどんな遊びがおもしろいか観察するのも、おもちゃ選びのコツです。

野良猫を拾う、もしくは保護猫を引き取る時に、最初は飼い主にもなつかない場合がほとんどだといいます。

少しずつ時間をかけながら信頼を得ることで、猫もなつくはずですので、焦らないことをモットーに取り組みましょう。

早くなついてほしい時にいい方法が、ご飯をくれる人だと覚えてもらえるように、皿などで間接的にあげるのではなく、自分の手で直接的に、ご飯を与えることが有効なのです。

ご飯以外におやつにも効果があります。

当てはまらないケースもあるでしょうが、普通、猫は水に濡れるところを避けようとします。

水をかけられそうになると逃げ出します。

お風呂好きになってもらうために、お風呂場にエサを置くようにするのもグッドアイデアです。

シャワーをかけるときは、少しずつで、顔にドライヤーの強い風が当たらないよう気をつけて、できるだけ、脅かさないようにしましょう。

説明書をよく読んで、猫に合うシャンプーを用いてください。

できるだけ、ネコ専用の刺激の少ないものを使用しましょう。

お家の中で飼っている猫がいる場合には、お部屋の中に脱走防止の対策をとることが絶対に必要になります。

窓や玄関には、脱走を防ぎとめるための網などをまちがいなく取りつけておきましょう。

加えて、脱走対策とは別のことですが、入ってほしくない場所への侵入防止対策も、なくてはならないことです。

ホームセンターやネットショップなどでは多数の対策グッズが取り扱われています。

丁度良い大きさのものが探せない場合には自分で作ってみるのもひとつの方法です。

猫の血尿は大きな病気の兆候としてみられることがあります。

トイレの手入れをしている時に血がついているのを見たり、お尻の部分に血がついていることに気付いたらすぐに病院にいくべきです。

血尿になる原因としては膀胱炎や尿路結石が挙げられますが、可能性としては急性腎不全のような重病であることも考えられるからです。

加えて、嘔吐などの症状がでている場合は大きな注意を払うべきです。

猫は体の表面が毛で覆われているので、基本的に暑さに強くありません。

部屋の中が居住スペースとなっている猫は特に、猫がいる部屋の温度を考えてから出かけないと、暑さで体調を悪くする危険があります。

一番良いのは、外出するときにエアコンのドライモードにしておくことです。

また、きちんと水分補給することも大事なので、夏の季節は充分な水分を用意しておく事も大切です。

家に帰って猫の様子がおかしかったら、すぐに病院に猫を連れて行きましょう。

一般的にふみふみと呼ばれる、猫が前足を交互に押し付けてくるようなしぐさをする時があります。

これはハッピーな時や甘えたい時の動作なので、ふみふみした時はたっぷ甘やかしてあげましょう。

ふみふみはやわらかな物の上に乗っている際にします。

飼い主の体の上でふみふみする事がありますが、もしそうした場合は、その猫にとても好かれている証拠でしょう。

キャットフード業務用で作ったようなロゴを作成するPhotoshopチュートリアル